インターナショナルな子育て奮闘記

インターナショナルな子育て奮闘記

アメリカと日本、行ったり来たりの子供が気付けばとってもグローバル視点

ドキドキハラハラ! モンテッソーリスクール通学1日目

4歳児の娘は、教室に入るとカラフルな道具や自由な空間に興味津々。

子供が手に取りたくなるような、ピカピカなガラスの花瓶

磨き上げられたシルバー素材のカップ

カラフルな色使いの数字ボード

娘は早速ピカピカな道具やガラス食器を手に取り、磨きだしたり

ビー玉をスプーンでガラスコップに入れたり出したり夢中。

やったー大成功!モンテッソーリスクール万歳!

なぜなら娘は、英語がわからない話せないにもかかわらず

自然に尚且つ自主的に一日目をスタートさせることが出来たのです。

そこには言葉の壁がある子供にとって、

f:id:kyoko-sodan:20170112143716j:plain

あまりハンディを感じることなく

学ぶ環境があるのです。

何日学校に通ったら英語で友達とコミュニケーションが出来るようになるんだろ?

と楽しみでした。

続きは・・・

 

Montessori Schoolについて

簡単に説明すると

20世紀にマリア・モンテッソーリによって考案された教育法。

感覚教育法に基づく教材を使用。

子供の自発性を重んじる。

整えられた環境と教員養成制度