インターナショナルな子育て奮闘記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インターナショナルな子育て奮闘記

アメリカと日本、行ったり来たりの子供が気付けばとってもグローバル視点

「困った」こんな経験ありますよね!

「困ったって」何が?

皆さんも経験していますよ!

 

海外モンテソリースクール2日目での出来事でした。

初日は、英語がしゃべれなくても機嫌良くキラキラ花瓶や、ピカピカ銀食器を手にしていた我が子が、大泣き・・・・

これ、あれですよ。

初めて、我が子を幼稚園や保育園にあずける時に

ママ、パパと別れるのが悲しくて泣いちゃう

 

お別れの儀式!

目には大粒の涙が・・・・ママーと抱きついて離さないんですよ。

私も、車の中で大泣き。

「とつぜん、知らない・わからない言葉の世界に入れてしまったんだもの」

「ちがう惑星に来たみたいだよね」

f:id:kyoko-sodan:20170201153850j:plain

ランチ前にピックアップに行くと

そこには、信じられない光景が・・・

知らない惑星で楽しくあそんでいました。

やれやれ

遊びには言葉のかべは無かった!

 

もう一人、キティちゃんのぬいぐるみを持って大泣きしていた女の子がいたんです。

大都会NYから来た4歳児。環境が違い過ぎたのか?

我が子もキティちゃん大好き。 大泣きも一緒。

そんな共通点で、子供、ママ共に意気投合!

そうなんですよ。

ママ友ができた、幸せな日でした。

 

f:id:kyoko-sodan:20170201162303p:plain