インターナショナルな子育て奮闘記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インターナショナルな子育て奮闘記

アメリカと日本、行ったり来たりの子供が気付けばとってもグローバル視点

夜に授業参観!どうして?国際結婚子育て楽しい!

えーと!

なになに?

Dear Pearent!

Parent day on April 15th.(Friday)

6pm~8pm

これは、アメリカ モンテッソーリスクールからの授業参観案内

の日時の案内部分です。

えっ?夜なんだ!

 

みなさん!

日本の授業参観を思い出してみてください。

授業参観は昼からが定番で授業参観の後、懇談会やPTAなどが

開催されていましたよね。

子供の授業を後ろでお母様方がずらーり、いや時にはお父様がポツポツ。

授業を静かに参観します。

f:id:kyoko-sodan:20170201162303p:plain

アメリカ モンテッソーリにおいては、

ネーミングからしてParentが中心で両親は必ず一緒に参加するんです!

ですから、昼間の開催では無く夜なんですよ。

なるほど!お父様方も子育て・教育に熱心なんて素敵!

海外ではあたりまえ!

 

授業参観当日の夜

子供と一緒に6時到着。

教室内では多くのParentが、生徒に話しかけていました。

子供たちも自分の両親以外にも

「いま、こんなワークをしてるんだ!」

「この本を読んでいるんだけどストーリーがおもしろいんだ!」

などBigスマイルで会話をしています。

もちろん先生たちも気楽に両親に話しかけ

ワーク内容やカリキュラムを説明。

f:id:kyoko-sodan:20170218021336j:plain

そこには日本の様に、両親が黙って授業を参観している光景はありませんでした。

終了近くなると親たちは、全ての親と仲良くなって仕事の話や雑談でもりあがっ盛り上がっいました。

なんとも楽しいイベントでした!

あっ授業参観でしたね!

 

海外では、子育てや教育問題は両親そろっての参加が当たり前です。

日本も今後、両親の働き方や学校制度が変り、ゆとりある

子育てができるようになるといいですね。