インターナショナルな子育て奮闘記

インターナショナルな子育て奮闘記

アメリカと日本、行ったり来たりの子供が気付けばとってもグローバル視点

えっ 本当!そんな子育て方法聞いたことない!

ウォルデン京子です。

 

「私、国際離婚しました。」

 

と言っても9年前になります。

 

当時、子供は小学校2年生でした。

 

苦労した末に自力で弁護士を探し、アメリカで調停を行いました。

 

私たちが調停員、弁護士と合意した内容は、

 

「子供をアメリカ・日本に半年間ずつ生活させる」と言う結論でした。

 

今、思えば大胆な結論だったと思います。

 

未知の世界でしたし、上手くいくか不安でした。

 

教育は、アメリカ教育を進めました。日本にいる半年間はインターナショナルスクール

 

に通わせアメリカの現地で使用している教科書を使いました。また教師間での連携によ

 

りアメリカの小学校を高成績で卒業!

 

そのような生活を中学2年生半ばまで続けました。

 

現在はアメリカの高校に通っています。

 

 

当時、子供を独り占めにしたい気持ちで一杯でしたが、徐々にその気持ちも

 

薄れました。彼が「両国の文化・言葉・習慣を理解する事が出来たこと」「両親を尊敬

 

し気兼ねなく両国を行き来できる」など最高の結果をもたらすことになりました。

 

今では、私たち親も成長しお互いを尊重し合っています。

 

ですから子供はリラックスして生活を送れています。

 

今、言えることは親のエゴで子供の自由や可能性を奪い取ったり、父親あるいは

 

母親を奪わなくて良かったと思います。

 

 

人生色々な問題がありますがどんな境遇でも可能性は無限大です!

 

少しの協調性や思いやり・考え方で人生好転しますね!

 

 

テラスでリラックス中!

みなさんもほっと一息ついてくださいね!

 

f:id:kyoko-sodan:20170604173121j:plain

 

高校1年の息子が来週帰国します!

 

楽しみます!

 

Be  happy!